10月9日(土) Typhoon No.22 接近中

台風22号が関東方面に上陸見込み。
体育の日がからむ三連休ということもあり、
スポーツ系の大会が数多く予定されていたことと思います。

大きなものでは、F1日本グランプリが予選順延、本戦当日の朝実施。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20041008&a=20041008-00000005-rcg-spo
テニスAIGジャパンオープンでは既に8日分の試合が半分程度順延、
9日分もおそらく雨のため順延になるので、大会日程の延長は避けられない模様。

東京方面を台風が直撃するのは、
基本的に秋も深まり、南海上の海水温が下がってきた時期。
そのため大体の場合、関東に達する前に勢力は弱くなっていく。
実際、昨日920hPaだった中心気圧は、9日朝時点で930hPaに上昇。
まあ上陸するころには結構弱くなってるのではないかと。あまり心配はしてません。

が、台風が東側を通るか西側を通るかによって風の強さが段違いなので
今後の進路には注意が必要です。
台風が自分の西側を通ると、進行方向と同じ向きに風が吹くため
通常の風力+進行速度となり、非常に強風になります。
逆に台風が自分の東側を通ると(今回は太平洋側を通ると)
風力-進行速度となり、それほど強い風は吹きません。

以上、地学専攻+台風銀座・長崎人の基本知識でした。

特に記憶に残っている台風が2つ。
ひとつは1991年の台風19号。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E9%A2%A819%E5%8F%B7_(1991%E5%B9%B4)#.E4.B9.9D.E5.B7.9E
長崎の西側・東シナ海を通って日本海を抜け、青森に再上陸した台風で
このときの被害はすごかった。
実家の瓦が飛んで、隣の家の倉庫の屋根を破壊したり、窓ガラスが割れたり。
その後の各家の後片付けを考慮し、学校は翌日午前中休校になりました。
九州は台風が多いので慣れっこといえば慣れっこなのですが、
こいつはとにかくモーレツ。

ふたつめは2003年の台風15号。
これは被害うんぬんではなくて、浜松で行われた
『B'z Live Gym The Final Pleasure 渚園』
を直撃したから。
カッパもない我々は開場から終了までおよそ10時間、雨に濡れ続けました。
雨男の本領を発揮した日でした。
なんか後でいろいろ聞いてみたら、当日同じ開場にいた知り合いが多かった。
日本は狭い。

と、書いている間に中心気圧は940hPaまで上がりました。大したことはないでしょう。
ともかく、今日はシチューでも作って家でのんびりすることにします。
[PR]

by dancex3 | 2004-10-09 10:13 | 臨時ニュース  

<< 10月10日(日) イタリアラ... 10月4日(月) 秋には秋の >>