8月15日(月) 雷雨

昨日から予報されていた通りに、夜になって凄まじい雷雨が襲う。
雷があまりにもすごいので、
部屋の電気を落とし、カーテンを開けて鑑賞することにする。

稲妻を見ながら、小さいランプだけ点けて
塩野七生氏の『チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷』
を読む。
日本の夏には、こういう楽しみ方もあるらしい。

弟が(初登場。)
貸してあった『ノルウェイの森』(日本語版)を読み終わったらしく、先ほど返しに来た。
「こっちの頭がおかしくなりそうだ」だと。まぁ、そうかもしれん。
しかし自分とは対照的にほとんど小説を読まない弟がいきなり指名で
「村上春樹の小説を貸してくれ」とはどういう心境の変化なのか。

でも他のも読みたいらしく
「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」
「ダンス・ダンス・ダンス」の四部作を貸しといた。反応やいかに。
[PR]

by dancex3 | 2005-08-16 00:49 | 臨時ニュース  

<< 8月16日(火) PASSIONE 8月14日(日) 続・花火とサンマ >>