カテゴリ:臨時ニュース( 50 )

 

4月3日(日) Addio a Giovanni Paolo Ⅱ

ローマ教皇 ヨハネ=パウロ2世が亡くなられました。
http://www.corriere.it/Primo_Piano/Cronache/2005/04_Aprile/01/morte-papa.shtml

自分はキリスト教徒ではないので宗教上の感慨というのはないのだが、
イタリアに旅行したときに偶然にも彼の説教を聴く機会がありました。
(内容はもちろん全くわからん)

2001年3月のこと。
その日はちょうど日曜日で、午後3時からローマvsブレシアの試合がある日。
当時ローマには中田英寿が、ブレシアにはファンタジスタ=ロベルト・バッジョがいました。
試合を見るためスタジオ・オリンピコに向かう途中、サン・ピエトロ広場を通ったのでした。
大聖堂前の巨大な広場には沢山の人がいて、どうやら何かイベントがあるらしかった。
内容はよくわからんけど、白いローブを纏ったおじいさんが出てきて
なにやら洗礼みたいのを授けていたように見えたので、あれがたぶん教皇だったはず。

そのときは特に気にも留めなかったので、
ヨハネ=パウロ2世のことを調べたのは、年明けに病状が悪くなってから。
新しい時代を切り開いた教皇として評価される彼の即位は、1978年。
自分たちが生まれた年だ。

さらに言うと、前任者ヨハネ=パウロ1世の死にまつわる疑惑が、
映画「ゴッド・ファーザー」のプロットにもなっていることも
今回の事件があって色々調べてみて初めて知りました。
この前3部作を見直したばっかりだった。

そういう縁みたいなものが重なって、今回の訃報には寂しくなりました。
イタリア国営放送は昨日からずっとこの件について語っています。
spirito santo (スピリト・サント=精霊)とか、
morto (モルト=死んだ)とか
そういう単語はもう何回聞いたかわからないぐらい。

ご冥福を (というのは字面からして仏教用語な気もするが) お祈りします。
[PR]

by dancex3 | 2005-04-03 18:24 | 臨時ニュース  

3月17日(木) お悔やみ

YO-KING&YUKI夫妻のお子さんが亡くなられ、
自身のサイト上で直筆メッセージが公開されました。

心からお悔やみ申し上げます。

YUKIのライブツアーが3月25日から始まるのだが
こちらは本人の希望で予定通り実施するとのこと。
残された者として自分にできる精一杯のことをする、
という強い意志が感じられます。

いちファンであっても応援することだけはできるので
新曲を聴いたり、ライブに行ったりしたときには
存分に盛り上げたいと思います。
[PR]

by dancex3 | 2005-03-20 12:03 | 臨時ニュース  

2月18日(金) PACE

Un fiume di folla a Roma per liberare Giuliana
=ジュリアーナの解放を求める群集の波@ローマ
http://www.corriere.it/Primo_Piano/Cronache/2005/02_Febbraio/19/corteo.shtml500milla =50万人が
ローマの共和国広場やチルコ・マッシモを埋め尽くした。
a0038076_1446179.jpg
イラク武装勢力が、共産党系伊紙「Il Manifesto」の記者
ジュリアーナ・スグレーナさんを拉致、イタリア軍の撤退を求めたのに対し、
彼女の解放を訴えるものです。

50万人ですよ。
長崎市民人口42万人。
杉並区民人口52万人。

つい
「イタリア人熱いなー」
と思ってしまうのだが、そういう感覚は2週間ぐらいイタリアにいると伝染する。
みんな人懐っこくて連帯意識が強いので
まるで自分の家族に起きたことのように反応するのです。
政治&選挙好きも有名だが、今回はそれとは別次元の話。

中国だと戦車が登場して蹂躙・・・は流石にもう無いか。

日本人に同じことが起こったら(単独潜行するアホ連中は別として)
果たしてどのくらいの人が同じような行動に出るでしょうか。
[PR]

by dancex3 | 2005-02-20 15:04 | 臨時ニュース  

2月4日(金) IY殺傷事件

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050205-00000006-jij-soci

同じような傷が(子供じゃないけど)
高村薫『マークスの山』に出てきます。
現実に起こるなんて信じられない。許せない。
思わず泣いたし、吐きそうになった。

遺族の方々、心よりお悔やみ申し上げます。
[PR]

by dancex3 | 2005-02-05 12:51 | 臨時ニュース  

11月13日(土) 木枯らし一号

朝食を買いにコンビニへ。
風が強い。冷たい。
むむ、これはもしや木枯らし一号か、と。

思ってたとおり、お昼ごろには気象庁から
関東地方に木枯らし一号、との発表あり。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041113-00000503-yom-soci
去年より4日早いそうな。
ぜんぜん寒くならないから暖冬かと思ってた。

「風」に関する気象用語の解説はこちら。
http://www.kishou.go.jp/know/yougo_hp/kaze.html
西高東低の気圧配置で、北よりの強い風が吹く冬の始まりです。
キーンと冷えて風が止んだら、
空気が澄んで散歩が気持ちよい時期でもあります。
そして暖かい春が来るのを期待しながら、じっと待つ。
ウインタースポーツはやらない人間だけど、
そういう気持ちの部分で冬は割と好きな季節かもしれない。

しかしこれでやっと寒くなって、景気もよくなることでしょう。
入浴剤、ハンドクリーム、リップクリーム、暖房器具と。
寒い冬=夏のボーナスアップ、暑い夏=冬のボーナスアップ、なもんで
冬は寒くないと困るのです。
[PR]

by dancex3 | 2004-11-13 16:12 | 臨時ニュース  

11月11日(木) 騒乱のコートジボワール

服役囚4千人が集団脱獄 騒乱のコートジボワール
http://www.asahi.com/international/update/1111/009.html

鍵の修理などをしてる隙をついて、4,000人が脱走。
・・・4,000人が脱走できる隙って、それでも隙と呼んでよいのか。

近くの森林に通じる下水道を使って脱走、というのは
映画「ショーシャンクの空に」の設定と同じですが、
4,000人というとまったくイメージが違う。
感じとしては「古池や蛙飛び込む水の音」を
「An old pond: noises of frogs leaping in」
と英訳したのと似てますね。

でもこれはこれで映画にできそうな話だなと思いました。
そこには色々な人間ドラマが隠されている、はず。
ま、政情不安定らしいのであまり不謹慎なことは言えないですね。
[PR]

by dancex3 | 2004-11-12 01:37 | 臨時ニュース  

11月1日(月) No accident. Please drive carefully.

運転中の携帯電話使用 初日摘発多数。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041101-00000228-kyodo-soci

ウチの社内でもセールスカー運転中の通話はもちろん禁止に。
基本的に連絡事項はメールで対応、とのこと。(運転中はもちろん使用禁止)
メールを打ちなれていないオジ様達は大変苦労されているようです。

「運転しながらノートパソコンで発注が打てるようになったら一人前だ」(冗談)
と去年言われたのを思い出すが、それも過去の話になってしまいますね。

ハンズフリーだと罰則の対象にはならないとのこと。
http://mag.nissan.co.jp/MAILCONTENTS/RULES2004/#01
経験上、電話してると前を見てるようで見えてないことのほうが危険だと思うのだが。
頭の中で風景とか計算とか、追ってるからなんでしょうね。
手が塞がること自体はそんなに問題にはならないのに・・・MTは別ね。

ところでこれ、自転車でも摘発対象にされるのか???
否。対象は自動車や原動機付自転車だから、自転車は含まれません。
[PR]

by dancex3 | 2004-11-02 00:08 | 臨時ニュース  

10月9日(土) Typhoon No.22 接近中

台風22号が関東方面に上陸見込み。
体育の日がからむ三連休ということもあり、
スポーツ系の大会が数多く予定されていたことと思います。

大きなものでは、F1日本グランプリが予選順延、本戦当日の朝実施。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20041008&a=20041008-00000005-rcg-spo
テニスAIGジャパンオープンでは既に8日分の試合が半分程度順延、
9日分もおそらく雨のため順延になるので、大会日程の延長は避けられない模様。

東京方面を台風が直撃するのは、
基本的に秋も深まり、南海上の海水温が下がってきた時期。
そのため大体の場合、関東に達する前に勢力は弱くなっていく。
実際、昨日920hPaだった中心気圧は、9日朝時点で930hPaに上昇。
まあ上陸するころには結構弱くなってるのではないかと。あまり心配はしてません。

が、台風が東側を通るか西側を通るかによって風の強さが段違いなので
今後の進路には注意が必要です。
台風が自分の西側を通ると、進行方向と同じ向きに風が吹くため
通常の風力+進行速度となり、非常に強風になります。
逆に台風が自分の東側を通ると(今回は太平洋側を通ると)
風力-進行速度となり、それほど強い風は吹きません。

以上、地学専攻+台風銀座・長崎人の基本知識でした。

特に記憶に残っている台風が2つ。
ひとつは1991年の台風19号。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E9%A2%A819%E5%8F%B7_(1991%E5%B9%B4)#.E4.B9.9D.E5.B7.9E
長崎の西側・東シナ海を通って日本海を抜け、青森に再上陸した台風で
このときの被害はすごかった。
実家の瓦が飛んで、隣の家の倉庫の屋根を破壊したり、窓ガラスが割れたり。
その後の各家の後片付けを考慮し、学校は翌日午前中休校になりました。
九州は台風が多いので慣れっこといえば慣れっこなのですが、
こいつはとにかくモーレツ。

ふたつめは2003年の台風15号。
これは被害うんぬんではなくて、浜松で行われた
『B'z Live Gym The Final Pleasure 渚園』
を直撃したから。
カッパもない我々は開場から終了までおよそ10時間、雨に濡れ続けました。
雨男の本領を発揮した日でした。
なんか後でいろいろ聞いてみたら、当日同じ開場にいた知り合いが多かった。
日本は狭い。

と、書いている間に中心気圧は940hPaまで上がりました。大したことはないでしょう。
ともかく、今日はシチューでも作って家でのんびりすることにします。
[PR]

by dancex3 | 2004-10-09 10:13 | 臨時ニュース  

8月9日(月) 原爆の日

1945年8月9日午前11時02分、長崎に原爆が投下されました。

故郷・長崎の小中学校では夏休み中の登校日に設定されています。
普段あまり意識することの無い戦争と平和に、嫌でも向き合わされる日です。
大抵、被爆者のおじいさんとかおばあさんとかが学校に来て、
戦争と被爆の体験を語って聞かせます。
あと、作文の発表があったり、当然11時02分には黙祷をささげます。

そういう15年間の教育を通して、
感情論としての被害者意識とアンチ戦争だけが刷り込まれていきます。
被爆地であることは事実だし、戦争はよくないよね、というのはわかります。

そのためか、核廃絶はどうしたら可能か?自衛隊廃止は可能か?代替案は?
といった前向きで具体的で現実的な議論ができるだけの柔軟な発想力や
論理的思考力というのが、特に長崎では欠けているのではないかと、
大学在学中はよく考えることがありました。

もちろん長崎にいたときはまだまだ子供でしたから、
大人の人たちは実はもっと色々考えてて、子供がそれを知らないだけなのかもしれません。
しかし自分が大人になって遠く東京から見ている限りにおいては、
長崎や広島がリーダーシップを取って非核・反戦の議論を進めているという様子は
あまり見受けられません。

毎年のことですが、今日も伊藤一長・長崎市長は『長崎平和宣言』を発表しました。
宣言は否定しません。でも、終戦後数十年続いてきたこの儀式によって
何か世界平和に進展があったでしょうか?
アメリカ政府に核実験抗議文を送付して、核実験が減ったでしょうか?
被爆の悲惨さを訴えて、核実験が減ったでしょうか?
しかも今それは、県民・市民のマインドアップにすら貢献しているとは思えません。

もっと他にできることがあるはず。
たとえば国際政治の現場において、非核・反戦の議論でアメリカとでも戦える人材の育成。
そのために奨学金を出し、そういう研究をしてもらう。留学にも出す。
定期的に報告会も行い、外部で得た見識を長崎に還元する。
将来的には政治家になってもいいし、研究者でも国連職員でもいいと思います。
そういった現場に人を出していける環境を整えることは、時間はかかるけど
直接的に世界平和に関われる道ではないかと思います。

国連の機能を強化しましょう、って言ってるだけでは何も変わらないですよ、伊藤さん。

そして原発事故。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040809-00000012-yom-soci
この記事を書いている間に、6人心配停止が3人死亡になり、4人死亡になりました。
「原発やめろー」という声が、西のほうから聞こえてくる気がします。
[PR]

by dancex3 | 2004-08-09 18:16 | 臨時ニュース  

8月8日(日) 中華レポート 

花火を見ていたので、アジ杯決勝は見てません。
リプレイすら、なぜかまだ捕まえられてません。
今のところ多方面からの文字ベースによる情報だけですが感想を。

まずはとにかく、勝ってよかったですね。
中国の試合は全く見ていなかったけど、
相手が東アジアのチームなら韓国以外は恐るるに足らずと、思ってました。
それに、先のワールドカップ@日韓(韓日が好きな人は韓日で)での
中国の負け方は見てましたから。それが突然強くなるはずはないと。
中国雑技団的育成は子供のころから時間をかけてなんぼ、だと思うので
ある程度時間はかかるはず。

はじめに目に付いて読んだ記事がこちら。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20040808-00000010-spnavi-spo.html
内容はともかく(見てないし)、本当に自分の意思で語ったのか、そこが疑問。
将来的な監督業の道を閉ざしてでもこれだけの発言をするということは、
あまり言いたくないけどかなり圧力がかかっていたのではないかと想像されます。
中国選手の談話も聞いてみたいけど、まあ探しても出てこないでしょう。

それからこちら。
伊・ガゼッタ紙Web版=大会MVP中村所属レッジーナのあるイタリアメディアの反応。
http://www.gazzetta.it/primi_piani/calcio/2004/pp_1.0.464415490.shtml
今大会ホットな話題であり続けた中国サポーターの対応は、全く触れられてません。
中村も語っていたように、アウェーだから当たり前で、
そんなの日常茶飯事のイタリア人にしてみたら記事にすらならないのかも。
ただ淡々と試合の経過がつづられてます。特に面白いことは書いてません。
唯一目を引くのは「2点目は中田浩二の明らかなハンド」と断言されていること。
世界一の審判レベルを誇るイタリアの、中立の立場から見た結果です。
でも両チームの監督も言っているように、ピッチ上の全権責任者は主審ですから、
勝てばいいんです、勝てば。
ただただ審判団が行方不明になったりしないことを祈るばかりです。

そして何よりもこちら。
柳田氏@北京の詳細レポート。リンクにいつも置いてありますが今回は特に。
http://www.diary.ne.jp/user/26642
とにかく生々しく、現場の雰囲気を伝えていると思います。

最後に大会総括。
苦しい試合ながらも、いつもWC予選で苦戦する中東勢相手に勝利を収めていったことは、
今後予選を進めるに当たって大きな自信になることでしょう。
「押されてても、決定機を逃しても、最後は勝つ」という勝負強さも見られました。

それから、3バックor4バック議論にも1つの答えが。
「日本のクラブは3バックが多いから、その気になればいつでもできる」
「オプションとして4バックは必要」
と当初から言っていたジーコの戦略が、見事にはまった大会でした。
遠藤が退場した準決勝。突然4バックにしても選手はあわてることもありません。
練習してたからだと思います。結果的に、かもしれないけど、まあ結果は結果として。
先のW杯で「戦略の柔軟性に欠けるチームは、ビッグネームでも早期敗退した」
という記事があったのを覚えています。

また、宮本主将(おお、野球と同じだ)が語っていたように
「暑いところでプレーを考えていく必要がある」と思います。
私が思うのはW杯予選の話ではありません。
何と言っても北京は五輪2008会場です。
2008年の主役は言うまでもなく
平山相太(筑波大)・兵藤慎剛(早大)・中村北斗(A福岡)・渡邊千真(国見高)ら
国見出身選手と、
昨年のベスト・マッチ・オブ・ザ・イヤー(個人的にね)天皇杯3回戦で
横浜FMを追い詰めた市立船橋 カレン・ロバート(J磐田)、増嶋竜也(FC東京)ら。
そして忘れちゃいけません、日本のロナウド・森本貴幸(東京V)。
今のうちから長期戦略を持って暑熱対策+弱小国相手の横綱相撲のやり方
を練っていく必要があるのではと。

以上。

今日からはヴァーチャル・サッカーワールド突入です(WE8)。
[PR]

by dancex3 | 2004-08-08 08:56 | 臨時ニュース