カテゴリ:Dear Wonderful World( 3 )

 

1月26日(水) みんなで渡れば怖くない

Golf

4kunigoの新Blog『フランス語ドイツ語英語で書く書く』にトラックバック!
日本語の短文日記を、英語・ドイツ語・フランス語文に訳している語学練習帳。

独仏できる人には是非添削もしてみて欲しいけど、
それよりも他の言葉で書ける人にはぜひ書いていただきたい。
英独仏、の次にイタリア語で繋いでみたので
たとえば中国語とか。
同じ文章が何ヶ国語もつながったら面白いじゃん。

語学は1人でやってるとなかなか続かないので、
そういう工夫は大事だと思われます。
[PR]

by dancex3 | 2005-01-26 21:26 | Dear Wonderful World  

1月23日(日) Root (Perche l'italiano?)

「なんでイタリア語なの?」
とは、イタリア語を勉強してると言ったら必ず聞かれる質問。

いつも
  高校のときに世界史の資料集でミケランジェロの「ピエタ」を見て、
  いつか見に行きたいと思っていたから。(@サン・ピエトロ大聖堂)

で済ませているのだが、実は裏の話がもう少し。
そもそも「地中海」への憧れがあったのでした。
自分が記憶している限り、そのきっかけはフジテレビ。(コピーにハマリすぎ)

覚えている方いらっしゃるでしょうか?
その昔、『ワーズワースの庭で』という番組がありました。
坂東八十助(現・坂東三津五郎)、河野景子(現・花田景子)、
竹中直人出演の大人の趣味紹介番組。
『BRUTAS』とか『Pen』とか、JALの機内誌を動画にした感じ。
1993年だから、かれこれ12年前。当時中3。
これの第4回(らしい)プロヴァンスの回を見て、地中海の漆喰の白壁に
魅了されたのでした。いやー懐かしい。

その記憶がベースにあって、ローマ史とか美術が重なって
イタリア好きが形成されていったわけですね。
実際には北部~中部のイタリアの民家(アパート)の壁は大体黄色。白くない。
最初ローマの町を見たときは「あら?」と思ったもんでした。
でも南部行くと白くなります。

『ワーズワースの庭で』で使われていた超個性的なイラストは
藤田理麻さん。もちろん当時はまったく知らなかったけど、
その不思議な絵に心惹かれていた。すっかり忘れてた。

さらに藤田理麻さん、敬愛するB'zのボーカル・稲葉コーシ氏の
ソロアルバム『マグマ』の挿絵も手がけてました。
なんか見たことある絵だなーと思ってたのだが。。。世界は狭い。
[PR]

by dancex3 | 2005-01-23 23:11 | Dear Wonderful World  

10月11日(月) Kamikaze in エジプト

ジェシカとサブリナの遺体、イタリアへ帰国
http://www.corriere.it/Primo_Piano/Esteri/2004/10_Ottobre/11/salme.shtml
瓦礫の下から発見された遺体にDNA鑑定が行われ
残念ながら本日、ジェシカとサブリナの2人であることが確認された。

邦人犠牲者がおらず、日本では早々に紙面から姿を消した
エジプトシナイ半島・タバの、ヒルトンホテル自爆テロ事件。
(自爆テロ=Kamikaze、です。イタリア語でも。)
イタリア人女性2名行方不明であったためここ数日
Corriere della Seraでは常にトップ記事。

日本ではそれほどニュースにならなかったし、
地理的には近い中東での事件とは言っても、アフガンやイラクでのテロとは訳が違う。
平時のリゾートホテルで起きたことであって
ヒルトン東京@新宿が標的にされててもおかしくないわけです。

ブッシュの『テロとの戦い=アフガン・イラク侵攻』 という図式には大いに疑問があるが、
テロを何とかしようという姿勢だけは買ってあげないといけないかなと思う。
[PR]

by dancex3 | 2004-10-11 22:22 | Dear Wonderful World