<   2004年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

11月28日(日) あの人は今!!

タイトルはK岡の真似。

味スタ行ってきました。
なんだか知らんがよく見ている極悪横浜Fマリノスと
最近評価が高い割に初めて観戦する旧名門・東京ヴェルディ1969の
J1セカンドステージ最終戦。
試合は0-0のドロー。
観戦した横浜FM戦には珍しく(というか初めてか?)
横浜に退場者は出ず、かわりにヴェルディが一人退場。

いやしかし、久保・安、2トップ不在の横浜恐れるに足らず。
サイドバックの裏に走りこむ坂田へドゥトラからのパスが目立つ以外は
それ以外は何にも攻め手無し。ポスト不在。シュート打てる選手不在。
コンパクトなバックラインと前線からの激しいプレスは機能するかもだが
来週はエメルソン・田中達也が相手ですから。
レッズ優位は動きませぬ。
そんな試合を横浜Fマリノス側で観戦予定。だって怖いもん。

a0038076_21271871.jpg
今日はなんとDEENミニライブが敢行されました。試合前に1993年のJリーグテーマソング(だったらしい)「翼を広げて」を歌ってくれました。懐かしい我が青春の日々。
写真はオーロラビジョンが映す、池森君(Vo)熱唱中の図。
「この人と同じ髪型にしてください」と、池森君の写真を床屋さんに持ち込んだ友達を思い出しました。当時はもっとショートカットだったはず。


この試合終了と同時に、セレッソ大阪のJ1無条件残留と
入替戦カードが柏レイソルvsアビスパ福岡に決定。
有終の美を飾った大久保、まだ試合出てないけどアビスパの中村北斗。
どちらにとっても良い結果となりました。
いずれも郷土の星。がんばれー。
[PR]

by dancex3 | 2004-11-28 21:32 | GO★FIGHT★WIN  

11月27日(土) 秋はJazz、Billy Holiday

Billy Holiday 「Lady in Autumn」(ベスト盤)を聴く。
前から持ってたやつだけど、秋冬はしっとりジャズを流したくなる。

せっかくなのでライブを聴きに行きたい。
六本木「Alfie」 (行ったことある) か、
新宿「PIT INN」 (行ったことない) だな。
歌モノのほうが好きなのに、思いのほかそういう日は少ない。
どちらも12月はケイコ・リーが来るらしい。

a0038076_21534817.jpg
「Lady in Autumn」には
「Autumn in New York」
が収録されていますが、リチャード・ギア、ウィノナ・ライダー主演の同名映画も好きです。画的には紅葉と秋の空のコントラストが印象的。ストーリーはベタベタだけど最後泣いた記憶あり。ウィノナ・ライダーの儚い感じがいいんです。
[PR]

by dancex3 | 2004-11-27 21:55 | ロードムービー  

11月26日(金) 友とコーヒーと嘘と胃袋

は、Mr.Childrenのアルバム「Q」に収録されている歌の名前。
は、どうでもよくて、コーヒーの話。

昨日新橋のアイリッシュバー「The Irish House」に行きました。
数少ない行きつけの店(といっても3回目ぐらい)。
前の晩にローソンのポトフを食べたら、
アイリッシュシチューを食べたくなったのでした。もちろんギネスも。
あー、そういや珍しくビールの話だ。
ブログタイトルのわりにあまりビールが出てこない日記。
(仇討ち日記でも仇は討たないが。)

ちがうちがう、コーヒーの話だった。
アイリッシュバーに行くと、アイリッシュコーヒーなるカクテルがあります。
飲まなかったがレシピはこちら。
http://www.ucc.co.jp/coffee/recipe/hot_05.html
大学のころ、どうしても寝付かれない夜には
ウイスキーをストレートで一杯ぐいっと飲み干して、
腹の底から温めてそのままぐっすりというのをやってましたが
なんとなくそのくらい芯から温まりそうな飲み物ですね。
最近はあんまり眠れないこともないけど、今度試してみるつもりです。
生クリーム常備が前提。うーむ。
絶対余して捨てるんだよね、生クリーム。

このUCCのサイト、他にも色々コーヒーレシピがあります。
http://www.ucc.co.jp/coffee/recipe/hot.html
コーヒー+アルコールのメニューがこんなに多いとは知らなんだ。

さらに、アイルランド情報はこちら。「Irish Net
アイリッシュバー・リンクとかとても使えます。
[PR]

by dancex3 | 2004-11-27 00:54 | ファミレス午前3時  

11月25日(木) 関東大学スポーツ事情

野球・サッカーの次は何を観戦するか・・・
今年はラグビーかなと。大学選手権とか。秩父宮も近いし。

ふと、関東大学ラグビーリーグ1部のチームはどこか?という疑問が。
早稲田・慶應・明治・関東学院・法政とあとひとつ?
とか思ってみたけど、ぜんぜん間違っていることが発覚いたしました。
すみません・・・素人なので。
6チームじゃなくて8チームだし、前3大学と後2大学は
関東の公式戦で対戦することはありえないのですね。

まず、
関東大学ラグビーには、
「対抗戦」と「リーグ戦」があり、別の団体なので相互の入替は存在しない。

「対抗戦」にはAグループとBグループがある。
今年のAグループは
早稲田・帝京・筑波・明治・慶應・日体・青学・立教の8チーム。
Bグループは
成蹊・上智・明学・一橋・学習院・成城・東大・武蔵、の8チーム。
Aグループの7位とBグループ2位、
Aグループの8位とBグループ1位、の間で毎年入替戦が行われます。

「リーグ戦」には1部から6部まで各8チームと、
その下に地区対抗一区1部、2部が存在します。
今年のリーグ戦1部は、
関東学院・法政・流経・東海・日大・大東文化・中央・拓殖。
対抗戦と同様、2部との入替戦が実施されます

そして野球の場合。
一番有名な東京六大学対抗戦は
東大・早稲田・慶應・立教・法政・明治。入替無し。永久に六大学。
それから東都大学野球連盟リーグ。
今年の一部は中大、青学、日大、駒沢、亜細亜、東洋。
二部以下との入替があります。
ほかにも首都大学野球連盟、東京新大学野球連盟とか
色々団体があるようです。

ちなみにテニスの場合(男子)は1部から6部まで各6チーム、
7部が70チームぐらいあるけれど
団体としては関東大学テニス連盟、ひとつだけなので簡単。
頑張ってのし上がれば早慶とかとも試合ができる。

14年テニス一筋だと、他競技はあらゆる面で新鮮に映りますね。
[PR]

by dancex3 | 2004-11-26 01:02 | GO★FIGHT★WIN  

11月25日(水) STAR WARS と ローマ共和国

本当は『2046』につながるウォン・カーウァイ作品
『欲望の翼』『花様年華』を見直そうと思ったんだけど
貸し出し中なのでまた今度。

で、借りてきたのは
「STAR WARS Episode2 クローンの攻撃」
「ハイ・フィデリティ」「ゴッド・ファーザーPart1」
ジャンルがてんでバラバラだな。

とりあえず劇場で早くも予告が始まったEpisode3を前に、
見忘れていたEpisode2を鑑賞。

オビ・ワン(ユアン・マクレガー)のヒゲがとても似合わなかったり
CGよりも着ぐるみのほうが味があるなと思ったり、
まあ感想は多々あれど一番面白かったのは、
共和国体制にまつわる話。
「ローマ人の物語」を読んだ直後なので、特に興味深い。

 アナキン 「聡明な誰かが決定すればいいんだ」
 アミダラ  「それは独裁制のように聞こえるけど」
 アナキン 「・・・それもひとつの答えだ」

これはもう、ユリウス・カエサルの考え方です。
そして帝政への移行を進めていくわけです。

 議会決定 「議長に最高指令権を与える」
 パルパティーン議長 「事が収まった暁には、
          この特権を返還することを約束する。」

権力の集中を避けてきた元老院が、
外敵(通商連合)への対抗策として議長に全権を委任する画面。
これはもう、ローマ共和国における独裁官システムと同じです。
カエサルはそのまま終身独裁官に就任して、
その特権を返還しなくなります。
ということは、この後パルパティーンがどうするか?
色々想像できますが、既にEpisode4-6を見ている我々は、
結局帝国支配に落ち着くことも知っているわけです。

こう見てくると、ジョージ・ルーカスの原作も
結局はローマ史をなぞっただけなのか・・・
と思ってしまってなんだか残念。

もちろん、エンタメ作品としては最高だと思うし、大好きです。
Episode4が映画化されたのが1977年って、いまだに信じられません。
そして翌年、自分が生まれた1978年には
「スーパーマン」第一作が封切り。(サザンオールスターズもデビュー。)
偉大なSFと共に生きてきたんだなーと、改めて感慨深し。

諸々スターウォーズ情報はこちら。
スターウォーズの鉄人!
おさらいできます。
[PR]

by dancex3 | 2004-11-24 20:13 | ロードムービー  

11月23日(火) Mulholland Drive

たいへん天気がよろしいので、お出かけ。
近くのDORAMAでビデオ借りてきました、「マルホランド・ドライブ」。
結局インドアだな。

オフィシャルサイトはこちら。
http://www.mulhollanddrive.com/

デヴィッド・リンチ監督の作品は初めて、と思ってたんだけど
エレファントマン」は大学のとき見てた。

正直言ってストーリーは「わけわからん」です。
終わって第一声は「なんじゃこりゃー」だった。
一人二役、現実と非現実、入り乱れてもう何が何だか。
村上春樹作品に慣れ親しんだ人間としてそういう感覚は好き。
好きでもわからんものはわからん。

そういう時はネットに頼る。
やっぱりきちんと解読した方がいらっしゃるわけですよ。
知りたい方は下記参照。ネタばれ100%なので注意。
http://www.ne.jp/asahi/hoth/press/other_films/2002/mulholland/mulholland.htm
あ、なるほど、と。

個人的に、「おっ」と思ったのは3点。
・ファミレス「Pinky's」(だっけ?)で話しているシーンは
  「パルプ・フィクション」の冒頭を思わせる。
・冒頭の女性が寝ている後姿は
  「ロスト・イン・トランスレーション」の冒頭、
  スカーレット・ヨハンソンが寝ている姿に似てますね。
・ナオミ・ワッツがオーディションで年配紳士と絡むシーン。
  超セクシー。息遣いがもう、すごいんです。

DORAMA200円セールの日なので、これからまた何か借りてきます。
秋の夜長は映画に限る。
[PR]

by dancex3 | 2004-11-23 22:07 | ロードムービー  

11月21日(日) 悪役トム様 「コラテラル」

今週は徹底的に映画・ウィーク。
新宿で「コラテラル」見てきました。
初の悪役に挑戦したトム・クルーズ。非情な殺し屋を演じております。

ただ、悪役なんだけど
「こいつ悪いなー」
と言うまでの悪さは感じなかった。
どっちかと言うとゴッド・ファーザー的組織のボスみたいなのじゃないと
極悪非道さって伝わりにくい気がする。

「レオン」だってヒットマンだけど、そんなに悪そうじゃない。
(レオンはまあ、心優しい殺し屋っていう設定のせいもあるけど・・・)
与えられた仕事をこなす『プロフェッショナル』というイメージのほうが
強いからかなー、一匹狼だと。いわゆる職人気質みたいな。

というわけで、悪役を経験して一皮剥ける計画は
まだまだ途上でしょう。
しかし、きっとボスキャラはトム・クルーズに似合わないね。
単独行動が多すぎるんだよなー。
ラストサムライしかり、MIしかり、マイノリティ・リポートしかり。

最後に総評。
「悪役トム・クルーズ」以外に目新しいところがあったか?
・・・無い。

以上。
[PR]

by dancex3 | 2004-11-21 23:54 | ロードムービー  

11月20日(土) 熱烈歓迎・村上春樹

中国で村上春樹が爆発的人気、経済成長が背景
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041120-00000105-yom-soci
春樹ファンとしては、無条件に喜ばしいニュース。

a0038076_10385164.jpg
で、どんな表紙で売ってるのかなーと思って探してみた、中国版「ダンス・ダンス・ダンス」=「舞!舞!舞!」・・・なーんにも間違ってないのに笑える。

a0038076_10393375.jpg
じゃ他の国のは・・・イタリア版「Dance Dance Dance」。春樹氏の写真入りが目新しい感じ。魅力的か、は好みの問題。何でも母語に訳してしまう国ですが、そのまま「ダンス~」なのが興味深い。イタリアでも村上春樹作品はとても人気があります。日本人作家No.1は吉本ばなな、みたいだけど。

a0038076_1039502.jpg
そして英語版。映画のポスターみたいで楽しい。ただ、自分の中では羊男のイメージは、日本版「羊男のクリスマス」の佐々木マキさんのイラストなので、英語版はちょっとリアルすぎて堅い。間違っても「おいら」とか言わない気がする。
[PR]

by dancex3 | 2004-11-21 11:03 | 名もなき詩  

11月19日(金) ラミちゃん残留へ

ラミレス、ヤクルト残留か。
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/f-bb-tp0-041119-0024.html
誰だかわかんないけど、ちゃんとアレックス・ラミレス外野手(ヤ)の写真。
a0038076_10433030.jpg

ストーブリーグ真っ只中。
楽天のタンパリング疑惑があったりでゴタゴタしてるものの、
ラミレスはヤクルトに残りそうな気配。
契約されるまで楽観視はできないものの、先は明るいかと。

昨日までは「楽天移籍決定!」。
100打点たたき出す助っ人がいなくなったら痛いわけですが
ヤクルトファンの間ではしかし、
「まー、スカウトと用兵が上手いから、なんだかんだで勝つでしょ」
というのが大半の見方。
だってあの戦力で今季セ・リーグ2位ですから。。。
あながち根拠のない自信でもないのです。

ただ、ラミレスは往年のクロマティ(巨)並みの人気もあるので
いなくなったらそっちのほうの打撃が痛い気がするなー。

そして未だ契約の決まらない、稲葉、真中、鈴木健。
ま、若手が頑張ればいいじゃーん。そろそろ世代交代が必要。
金もないんだし。
[PR]

by dancex3 | 2004-11-20 10:44 | GO★FIGHT★WIN  

11月18日(木) On going 「行人」

夏目漱石「行人」を読んでます。
行人=こうじん と読むんですね。調べてみるまで知らなかった。

「13階段」の後、何読もうかなーと本屋をぶらぶらした結果、
「なんか明治大正あたりがよい」気がしたので
まだ読んでいなかった「行人」を手に取りました。
大体、「歴史モノ」「サスペンス」「純文学」でローテーションしてる感じ。
同じようなのが続くと疲れるから。

とりあえず「こころ」が好きなので期待して読んでおります。

なんか調べてたら見つけた「青空文庫」
http://www.aozora.gr.jp/index.html
著作権の切れた昔の本とか、公開したい本とか全文掲載。
もちろんオールフリーで読めます。
長編を読み続けるのは難しいかもしれないけど、
短編とか詩ならいいかも。詩はなかなか買わないし。
[PR]

by dancex3 | 2004-11-20 10:28 | 名もなき詩