人気ブログランキング |

7月24日(日) 十八史略

陳瞬臣『小説・十八史略』全6巻、完読しやした。
南宋滅亡までの中国王朝の歴史。
原作者は元の時代に、漢民族としての自覚を忘れないためにも
できるだけ多くの人々に歴史を勉強させたくて、
でも正史を全部、だと3,000年ぶんぐらいあって気軽には読めないから
誰にでも読める略史にしたらしい。
うーん・・・それでも読むのに足掛け半年ぐらいかかったような。

中学校のころ、地元の図書館に導入を要請していたのだが
結局導入されたのは3年ぐらい経ってからのことで
自分は既に国を離れていたので借りることができなかった。

とにかく飽きもせず血で血を洗う継承・簒奪の繰り返し。
不謹慎かも知れないが、その長い歴史を振り返ってみれば
天安門事件みたいなものは些細な出来事だったように思える。
新しい皇帝が即位したら前皇帝の血族残らず抹殺したりするんだから、
一般ピープルの反乱なんかは事も無げに蹴散らされる。
時代が違うといえばそれまで、とはいっても中国4千年だからね・・・
建国500年のwhite stupid men's countryと一括りにはできまい。

日本は皇族の血脈が1本ずーっと続いていて、
学校で習う歴史では相続争いなんて皆無、のように感じる。
でももちろんそんなことはなくて、藤原道長が摂政になるまでには
毒殺だって何だってやってるわけで、表向きの華やかさだけで語れない部分も
多々あるのは事実。でもあんまり具体的には知らない。
しかも鎌倉時代以降の公家の歴史にはスポットが当たらないので特に見えない。
日本史ももちょっと勉強したいなーと。

by dancex3 | 2005-07-24 22:19 | 名もなき詩  

<< 7月25日(月) ウゴルー 7月23日(土) Whiteband >>