人気ブログランキング |

8月27日(金) 聖地に押し寄せるリストラの大波

土日は河口湖でテニス合宿。
ラケットとシューズが部室に置きっぱなしになっていたので
久方ぶりに大学まで自転車を走らせた。

ちょうどオープンキャンパスをやっており、高校生たちがワラワラと。
例によって学生が案内係として働いてました。
あれ、ボランティアじゃないよね、たしか。。。

母校I大も例に漏れず、財政難に苦しんでおります。
学校・理事会・同窓会等が対策を練っているようですが、
進捗はどんな感じなのでしょうか。

2年ぐらい前に、入学時先払い学費の返還が議論され、並み居る大学が返還を決めたとき、
母校は流れに逆らってその返却を拒否しました。
少人数制維持のためもあって元々学費も異常に高いし、
そのへんが削られるのは財政的に厳しかったのかもしれません。
そうでなくても今後ますます受験人口が減っていき、景気も回復しなければ
状況は好転しないでしょう。

要は収入増は望めない分、コストダウンを図る必要があるわけですが、
そのへんはどうなってるんでしょうかね?

オープンキャンパスの案内係って、学生のボランティアじゃだめなの?
サークルも人数減ってて大変だから、頼めば青田買い狙いで人集まると思うのだが。
(チアリは踊ってアピールしてたから、ついでに案内もやらせたらいいのでは・・・)

クラブハウスの係員って、学生でもいいのでは?
学生課とかの人が兼任して、常駐は学生のバイト(あるいはサークル持ち回り)でも。
暇なときはネットして遊んでるぐらいだから、そんな人たちにお金払う必要無し。
盗難事件が起こっても「責任持ちません」って言うだけだし。
何のためにいるのか全然わからん。

NS(理学科)の学費が文系と同じって、やっぱりおかしくないかい?
リベラルアーツ=文系の学生でも理系科目も履修できる
なのはわかるけど、それなら実験とか追加費用が必要な単位をとるときは
学生から追加徴収するとか。

教授の給料&土地建物の維持費がコストのほとんどを占めるわけで、
それが削れないのならば、そういう細かいコストダウンを繰り返すしかないと思います。

などと考えながら家まで戻って来たものの、雲行きが大変怪しい。
土日の予報は「雨」。雷雨の恐れあり。テニス→ボウリング合宿になってしまうのか?
こればっかりはどうしようもないですね。台風+秋雨前線なんて・・・

by dancex3 | 2004-08-28 00:54 | NOT FOUND  

<< 8月28日(土) 雨天決行 8月26日(木) 祭りの前。 >>